鬱病を正しく理解する|原因と治療法について

鬱ってどんな病気?心も体も健康にしよう

有力な仮説

悩む女性

現在、鬱病の正確な原因というのは解明されていません。ただ、有力な仮説として、脳機能の低下による神経伝達物質の分泌バランスの乱れが挙げられます。精神科や心療内科での鬱病治療では、その仮説に基づいた治療が進められていきます。

詳しく見る

感情面に影響する症状

医者

鬱病を患ってしまった時には、様々な心的症状が現れるものです。心的症状が現れた際、鬱病患者はネガティブな感情に陥ってしまいますので、家族の方等はしっかりとサポートしてあげましょう。

詳しく見る

4つのストレス

カウンセリング

鬱病というのは、心のバランスが崩れてしまう病気です。この病気が引き起こされる原因は、主にストレスにあると言われています。しかし、ストレスと一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。ここでは、鬱病の原因となるストレスの種類について知っていきましょう。まず、ストレスとは何か考えていきます。ストレスというのは、「心や身体に与えられる刺激や負荷」のことを指し、その刺激や負荷は外部から与えられる影響によって発生するのです。心に刺激や負荷を与える外部からの影響の違いにより、ストレスは大きく4つに分けることが可能です。まずは、4つの内の1つである社会的ストレスについて知っていきましょう。社会的ストレスは、会社・学校・その他グループ等の集団生活の中で発生するストレスのことを指します。集団生活の中では人間関係・仕事や受験に対するプレッシャー・周囲からの期待等、様々な要因がストレスの発生に繋がります。社会的ストレスは、そのどれもが対人関係から生じるストレスであるといった点が特徴的です。几帳面・真面目・責任感の強い人等は社会的ストレスを感じやすいと言われているため、鬱病になりやすい性格だと言われています。

鬱病の原因となるストレスの2つ目として、心理的ストレスが挙げられます。心理的ストレスというのは、自身が心に抱いている不安感、喪失感等、感情から生じるストレスのことです。現代社会では自身の感情を抑え込む人が多く、その結果としてストレスを多く溜め込んでしまうと言われています。心理的ストレスを溜め込まないためには、適度に自身の感情を発散することが大切です。次に、環境的ストレスについてです。環境的ストレスというのは、引っ越しや転勤、結婚、出産等、環境の変化によって発生するストレスになります。結婚・出産に関しては嬉しい環境の変化ではありますが、日々の生活が大きく変わってしまうものです。性格によって、その変化にすぐ適応することができない人もいます。そういった人の場合、環境的ストレスが原因となって鬱病を発症してしまうことがあるのです。最後に、身体的ストレスについて知っていきましょう。身体的ストレスは、病気等によりコンディションが低下した際に生じるストレスです。病気そのものが身体的ストレスの要因ともなりますが、場合によっては治療で用いられる薬剤の副作用が身体的ストレスの発生要因となります。また、病気といったケースの他に、運動不足というのも身体的ストレスを生じさせる要因となるため注意が必要です。このように、人は様々な形でストレスを受け、心に刺激や負荷を与えてしまいます。鬱病を発症してしまわないようにするためにも、ストレスとなる問題を一つずつ解決していきましょう。

家族の支え

ハートと聴診器

鬱病治療を効果的に進めていくためには、家族のサポートが必要不可欠になります。しかし、鬱病を患ってしまった家族のサポートというのは、簡単なものではありません。どういった点に注意すべきか知り、適切なサポートを行なえるようにしておきましょう。

詳しく見る

診断精度を高める

レディ

鬱病を診断するための検査方法というのは、カウンセリングによる検査が主流となっていました。しかし、カウンセリングによる診断は精度が低いと言われており、現在ではその診断精度を補うための技術として光トポグラフィーが導入されるようになったのです。

詳しく見る