鬱病を正しく理解する|原因と治療法について

女の人

有力な仮説

悩む女性

鬱病の症状というのは、脳機能の低下によって引き起こされていると言われています。しかし、人の脳というのは、未だ解明されていない点が多いため、なぜ脳機能の低下によって鬱病の症状が引き起こされるのか明確に分かっている訳ではありません。しかし、幾つかの仮説は立てられています。現在、最も有力だとされている仮説は、脳機能低下による脳内神経伝達物質の分泌バランスの乱れです。ここで注目される脳内神経伝達物質は「セロトニン」や「ノルアドレナリン」になります。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、幸せを感じる際に分泌される神経伝達物質です。鬱病患者の多くは、このセロトニンの分泌量が著しく減少している可能性があります。また、ノルアドレナリンは不安感を取り除く働きをもった神経伝達物質で、鬱病を患ってしまうとこの神経伝達物質の分泌量も減少してしまうのです。つまり、幸せを感じるための神経伝達物質と不安を取り除くための神経伝達物質の分泌量が低下してしまうということになります。そうなってくると、常に気分が沈み、不安を感じた状態に陥ってしまうでしょう。これが、鬱病を引き起こす原因であると一説では考えられているのです。ただ、これはあくまでも仮説ですので、100%確信を持てる話ではありません。より正確な原因については、医学の進歩と共に解明されていくことでしょう。

現代では、前述した通り鬱病の原因における仮説の一つである「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の減少が有力な仮説だと考えられています。そのため、鬱病治療時に用いられる抗うつ剤も、その仮説に則った効果を持つ薬剤となっているのです。抗うつ剤は主にセロトニンを増加させる効果を持ち、継続して服用することで少しずつ脳内におけるセロトニンの分泌バランスを整えていきます。これにより、鬱病の症状が徐々に緩和されていくと考えられているのです。実際に、抗うつ剤の服用による治療を通して鬱病を克服した人もいます。もし、鬱病の症状で悩んでいるという人がいるのであれば、精神科や心療内科を受診して、適切な治療を受けましょう。ただ、抗うつ剤には副作用がありますので、治療を受ける前には専門医に副作用に関する説明を受けることをお勧めします。また、治療を開始した際、副作用が辛く抗うつ剤の服用が困難である時には、独断で服用を中止するのではなく、専門医にしっかりと相談しましょう。独断で服用を中止してしまった際には、抗うつ剤の効果を得られなくなり、副作用のみが残ってしまうことになります。専門医に相談することで、服用回数を減らす等の対応を行なってくれるはずです。