鬱病を正しく理解する|原因と治療法について

女の人

診断精度を高める

レディ

精神科や心療内科では、鬱病かどうか検査を通して診断することが可能です。従来の検査方法はカウンセリングによるもので、専門医が患者とのやり取りを通して得られる主観的判断材料から診断を下すといったものでした。しかし、主観的判断材料による診断というのは、確実性に欠けるといったデメリットがあったのです。鬱病を始めとした様々な心の病というのは、何かしらの原因によって引き起こされます。その原因に合わせた治療法を実践することによって、心の病は治すことができるのです。では、診断が誤診であった場合はどうでしょう。誤診であるということは、治療法も間違ったものを実践することになります。間違った治療を継続しても、治療による効果は一切みられません。ここまでの話を聞いていると、精神科や心療内科を受診しても仕方がないのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。そういったことはありません。優秀な医師であれば、誤診してしまったとしても、すぐに別の可能性を見出して正しい治療法を提案してくれます。また、現代では医療技術の発展により、鬱病診断の正確性を高める補助技術が精神科や心療内科にて取り入れられるようになってきたのです。ここでは、その補助技術について知っていきましょう。

鬱病診断の正確性を高めることができる補助技術というのは、「光トポグラフィー検査」と呼ばれるものになります。光トポグラフィー検査はヘルメット状の特殊な医療機器を用いた検査方法で、頭皮に向け近赤外線を照射します。近赤外線は身体に無害な光であり、この光を頭皮に照射することによって前頭葉及び側頭葉の血流を可視化することができるのです。鬱病を始めとした様々な心の病を患った時には、前頭葉及び側頭葉にて独特な血流パターンが見られると言われています。つまり、その血流パターンの違いから客観的な判断材料を得て、診断精度を高めることが期待できるのです。ただし、光トポグラフィー検査はあくまでも補助技術になります。従来のカウンセリングによる診断と併せて行なうことで診断精度を高めることを目的としており、100%確実な診断を下せる検査方法ではありません。補助技術として用いた際には、その診断精度は80%前後だと言われています。非常に高い数値ではありますが、確実な検査ではないということを頭に入れておきましょう。もし、100%であると考え検査を受けてしまうと、検査結果に対して疑いを持てなくなってしまいます。治療の効果を得られているかどうかは、患者にしか分かりません。検査結果に疑いが持てないと、医師に対して治療の効果を得られていないと進言できなくなる可能性があるのです。光トポグラフィー検査を受けて治療を進めていたとしても、その治療による効果を得られていないと感じたのであれば、担当医に相談するようにしましょう。