鬱病を正しく理解する|原因と治療法について

女の人

家族の支え

ハートと聴診器

日本国内における鬱病患者の数は、年々増加していると言われています。そのため、家族の中に鬱病を患ってしまった人がいるという人も数多くいるはずです。この心の病を治療するためには、家族のサポートが重要になります。しかし、サポートする際には、様々なポイントに注意しなければなりません。ここでは、鬱病患者をサポートする際に家族の方が注意しなければならないポイントについて知っていきましょう。まず、最初のポイントとして鬱病患者のサポートをする際には、正しい理解が必要になります。心の病というのは、外傷や病巣が存在せず、本人でなければその苦しみを知り得ません。また、はっきりした原因も解明されていない病気であるため、家族を含めた周囲の人々からは理解されづらい病気なのです。しかし、時間を掛けて適切な治療を受けることによって、治すことができる病気であることは確かです。それだけでも理解しておくことで、しっかりとサポートしてあげることができるでしょう。次に、冷静さを保たなければならないといったポイントが挙げられます。

鬱病患者の方は精神状態がひどく不安定なだけでなく、罪悪感を非常に抱きやすい状態になっています。そのため、家族の方が冷静さを失い落ち着かない状態になってしまうと、患者本人は「家族に迷惑を掛けてしまった」と感じ、その罪悪感から精神状態が更に不安定になってしまうのです。それは、症状の悪化を助長することに変わりありません。そういった事態に陥らないためにも、サポートする側である家族の方は冷静さを失わずにいつも通り接していくことが大切になるのです。話を聞いてあげるというのも、家族の方がサポートする際に注意すべきポイントになります。前述した通り、患者本人は精神状態がひどく不安定であり、物事の捉え方や考え方がネガティブな方向に偏っています。そのため、家族の方の言葉に対してもトゲのある返事をしてしまうかもしれません。そういった時、家族の方はショックを受けてしまうかもしれませんが、感情的にならずに静かに話を聞いてあげましょう。話の内容が支離滅裂で辻褄の合わないような内容であった時にも、指摘したり訂正したりせず、その内容をただ聞いて本人が何を伝えようとしているのか考えることが大切なのです。最後のポイントとして、気持ちを押し付けないといった点が挙げられます。家族の方は、治療を応援する気持ちで「頑張って」と声を掛けてしまいがちですが、そういった前向きな言葉というのは鬱病患者にとって負担となってしまうのです。選択や決断を迫るという行為も負担となりますので、家族の方は伝えたい気持ちを抑えて十分に休養をとれる環境を整えてあげましょう。完治までには時間が掛かりますが、家族の方がしっかりとサポートしてあげることによって、より早く治すことができるはずです。